Amazonがアルゼンチンのデータセンターに8億ドルを投資

ブルームバーグ の報告によると、Amazonは、アルゼンチンのデータセンターに8億ドルを投入する予定のようです。

この新しいデータセンターは、ブエノスアイレス州のバイアブランカの港湾都市に拠点を置き、Amazonは今後10年間で巨額の投資を計画しています。このプロジェクトはまだ計画段階であり、今後変更される予定です。

魅力的な税金

ブルームバーグによると、このプロジェクトはアルゼンチン政府が今年初めに Knowledge Economy Law (ナレッジ経済法案)を可決した後に始まりました。この法律では同国に進出するハイテク企業に寛大な税金を約束しています。

Amazon Web Services(AWS)は、 安い人件費の獲得とともに通常35%に対しわずか 15%の所得税の支払い資格を得ます。

この法律は、150億ドルの経済効果を生み出し、テクノロジー部門の雇用需要の倍増を望む起業家と業界の専門家たちからのアドバイスをもとに制定されました。

これは、アルゼンチンが過去「ナレッジ」業界で大規模なセクターの増加を経験しているためです。

同国の製造省は 2017年の経済成長率として、他の産業の12%成長に対しハイテクセクターは70%を超える成長があったと報告しました。

調査会社 Nearshore Americas とのインタビューで、 Highton, Marinelli & Ramírez のパートナー であるブエノスアイレスの弁護士 Alejandro H. Ramírez 氏は、この法律は2004年のソフトウェア法の延長であり、ロボット工学、人工知能、アウトソーシングなどをカバーするために改定されていると述べています。

「新しい法律は大きな前進であり、業界に顕著な影響を与えるであろう。」と Ramírez氏は述べています。「法律は改定される必要がありました、したがって、今回の改定は短期的な対策ではなく長期的なものであるため、大きな前進といえます。

「アルゼンチンには多くの才能や起業家がおり、国内から多くの素晴らしいアイデアが存在します。しかし、スタートアップ企業に投資する文化がまだないため、この国にはベンチャーキャピタル投資の仕組みが必要です。」

当初の提案は、AWSの誘致を獲得するためのアルゼンチンとチリ間のコンぺの一部でした。今回の新しい法律は、Amazonの誘致に成功した主な要因であったと考えられています。

新施設の建設日についてはまだ発表されていません。

Data Center Dynamics

原文はこちら