Amazonがバルト三国へのAWS拡張を検討

Amazonは、 ラトビアおよびエストニアにAmazon Data Services LatviaとADS Estoniaと呼ばれる子会社を登録しており、バルト三国専用のクラウドリージョンの計画を示唆しています。

Amazon Web Servicesリージョンは世界中に広がっていますが、バルト三国に現在最も近いサイトは、スウェーデンのストックホルムです。

東へ

現在バルト三国(リトアニア、ラトビア、エストニア)は、自国をデジタル大国にする取り組みに多額の投資を行っています。

特にエストニア政府は、1997年にインターネット公共サービスの提供を開始し、課税、投票、健康保険を含む公共生活に係るサービスでデジタル暗号化システムを使用するなど、デジタル国家の構築を進めています。

Amazonがローカルクラウドリージョンを計画するというニュースは、ラトビアのメディアアウトレットDienas Biznessで最初に報告されました。

A100には、AmazonのMichael D. Deal氏、Aaron McGrath氏、およびKhozem Lokhandwala氏が含まれます。取締役の Martin Casey Malachy 氏は、Amazon Data Services Estoniaの取締役にもなっています。

– Sebastian Moss

子会社は先月設立されました。

Data Center Dynamics

原文はこちら