SalesforceがTableauを157億ドルで買収

11月までにすべての株式取引の完了を見込む。Tableauは独立企業のまま存続

Salesforceは、 ビッグデータ 分析およびビジュアライゼーションプラットフォーム企業であるTableau社を157億ドルで買収する予定です。

Google Cloudがデータ分析会社Lookerを26億ドルで買収すると発表してから1週間後に行われたこの取引は、すでに両社の取締役会で承認されています。

セールスフォーチュン

契約完了後、Tableauは引き続き独立して運営され、シアトルに本社を置き、CEOのAdam Selipsky氏が舵を取ります。

Salesforceの会長兼共同最高経営責任者であるMarc Benioff氏は、次のように述べています。

– CiNii / PublicDomainPictures

「Tableauはデータの閲覧と理解を支援し、Salesforceは人々との関わり合いと顧客に対する理解を支援します。 それぞれの顧客にとって、彼らの世界を理解するために必要とする2つの重要なプラットフォームを組み合わせることは、非常に素晴らしいことです。」

157億ドルの取引には、TableauのクラスAとクラスBのすべての株式が1.103株のSalesforce普通株式と交換されることが含まれます。Salesforceの時価総額は約1,200億ドルです。

買収は、Salesforceの第3四半期の終わりである今年11月までに完了する予定です。

先月、Salesforceは重大な機能停止障害を被りました。 企業内のSalesforceユーザが 閲覧権限の設定に関わらず、データベーススクリプトエラーにより自社のすべてのデータを参照できてしまうといった不具合に起因し、5月18日から5月20日に渡り長時間システムが停止しました。

Data Center Dynamics

原文はこちら