Vantage Data Centers、カナダの4Degrees Colocationを買収

モントリオール・ケベックシティの2カ所のデータセンターの所有権を取得

北米での影響力を高めるため、米国に拠点を置く コロケーション プロバイダのVantage Data Centersは、ケベックシティとモントリオールのデータセンターを所有するカナダの卸売を専門とする4Degrees Colocationを買収しました。
最終的な調整として、Vantageはカナダの通信プロバイダのVideotron買収のために2億ドルを支払う予定です。

– GettyImages

この発表では、4Degreesの現在のデータセンターキャパシティは判明していませんが、全拡張計画が完了した場合、施設は31MWの総ITキャパシティを供給するということは明らかになっています。
つまり、所有する全データセンターが稼働した場合、Vantageデータセンターの総電力容量は163MWに達することとなります。

Vantage社CEOのSureel Choskiは、モントリオールとケベック州を、「顧客に地理的優位性を提供する、低電力コスト、高密度なファイバー接続性、税制上の優遇措置のための非常に魅力的な市場」と称しています。

「我々は、高度なオペレーション、良質な施設、持続可能な建設への取り組みを共有する4Degreesチームを喜んで歓迎する」と彼は語りました。

4Degreesのデータセンターが追加されたことで、Vantageは現在カリフォルニア州サンタクララの5カ所、ワシントン州のクインシーの2カ所を含む9施設を運営することになります。
また現在、同社はヴァージニア州アッシュバーンに108MWのキャパシティを持つ4階建ての施設を、「第二シリコンバレーデータセンター」として10億ドルで建設中です。

Vantage社は2018年初めに、幅広い情報通信事業の運営、投資を行うDigital Bridgeグループのコンソーシアムに、12億ドルで買収されました。以降、同社は証券金融において、企業資産の信用価値に基づいて債券を発行する初のデータセンター会社として注目を集めています。

今後、既存の負債を返済するだけでなく、Vantageは資金を用いて新たな市場で追加のデータセンターを購入、建築する予定です。

– Data Center Dynamics
原文はこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です