トランプ、サイバーセキュリティ大統領令に署名

トランプ大統領は5月11日、サイバーセキュリティの強化に向けた大統領令に署名しました。
この大統領令には、連邦政府が利用するネットワークや重要インフラのサイバーセキュリティ対策についての方針などが記載されています。(大統領令原文はこちら)

米国政府は毎年約800億ドルをサイバーセキュリティに投資していますが、民間企業との連携、教育制度や法の整備を強化する事でさらなる成果を狙っています。就任以来、トランプ大統領と衝突を繰り返してきたIT企業も、今回の大統領令は好意的に受けいれたようです。

– Data Center Dynamics
原文はこちら