今日の中国によるハッキング活動の特徴とは・・・?!

顧客情報を盗む方法は

大手コンサルティング会社PwC UKが、英国サイバーセキュリティセンターをはじめとする関係者と協力し、MSPを標的とした「Operation Cloud Hopper」という諜報活動を取り上げました。レポートでは、中国のハッカー集団「APT10」の活動が焦点に当てられています。

本記事の2日前(2017年4月5日)にも、アメリカの貿易評議会(NFTC)がAPT10によるハッキング攻撃を受けたと発表。APT10はその攻撃対象を、MSPが保有している顧客情報に絞っている点に特徴があります。

貿易政策で対中方針を大転換させたアメリカとの情報戦争でいかに主導権を握るか、今後もその動向に目が離せません。 レポートでは、過去にAPT10が行った日本への攻撃についてもまとめられています。

-Data Center Knowledge
原文はこちら