人気オンラインゲーム、データセンター障害で使用不可に

約6時間、何万人ものユーザーへ影響

先週9日、複数人同時プレーが可能な人気オンラインゲーム「ギルドウォーズ2」が、データセンターでの電力トラブルにより利用できなくなっていたことが判明しました。さらに事態を悪化させたのは、このトラブルが、”Path of Fire”(同ゲームのコンテンツをより拡張・充実した次バージョン)のデプロイ実施日に充てられていたことです。”Path of Fire”シリーズは9月22日に正式に販売が開始される予定です。

障害の原因は、電力トラブル

アメリカのゲーム会社Arenanetによって開発されたギルドウォーズ2は、空想世界の中で主人公が様々なAIモンスターや他プレイヤーと対戦をするオンラインゲームです。フランクフルトのとあるデータセンターが電力トラブルに陥ったことで、8日(火)午前に不具合が生じ、ヨーロッパや北アメリカのゲームプレイヤー達に影響が及んだとのことです。
今回の電力トラブルは、何らかのネットワーク機器がダウンしたことで、アカウント所有者がログインできない状態になってしまったとArenanet社長兼ゲームプロデューサーのMike氏は説明しました。

このようなトラブルが生じたにも関わらず、Arenanet社はUSとアジアでのデプロイも実施すると発表しました。Mike氏は「もちろん、問題があることは理解していますが、デモの準備まで残された時間は3日であり、このスケジュールにおいて、できるだけ早くゲームをリリースすることで、発生する問題へと対応していくことが重要です。理解いただけると幸いです」と表明しました。ここでいう”デモ”とは、全てのプレイヤーへ週末に与えられる”Path of Fire”無料取得への挑戦権です。

とあるユーザーはギルドウォーズの公式Facebookページ上で、「今後、どのように問題解決へ取り組むか、方針を明らかにした方が良いと思うのですが…私は本当にこのゲームを愛していますが、些細な電力問題によってここまで大きな問題へ発展したのは残念です、もっと上手くやれるはずです。」と書き込んでいます。

– Data Center Dynamics
原文はこちら