BRGの設計窃盗事件でEmersonに$7,740万の賠償金請求判決

先週、米連邦裁判所は、EmersonがBladeRoom Group(BRG:英国のエンジニアリング企業 )の企業秘密を盗用してFacebookのデータセンター工事案件で2億ドルの契約を獲得したことに対するBRG側からの提訴に対し、7,740万ドル(約82億円)の損害賠償請求を言い渡しました。

Emersonは既に補償的損害賠償として3,000万ドル、更に懲罰的損害賠償として3,000万ドルの賠償金を課せられていましたが、エドワード・J・ダビラ連邦地方裁判所判事は2012年10月以降の補償的損害賠償に対し7%の利率の1,740万ドルを追加しました。

それとは別に、Emersonが支払うべき BRGの訴訟費用の額について現在争っています。 BRGが要求した2,450万ドルのコストの妥当性を判断するために、特別主任が任命されます。

Vertivは訴訟には関係せず

Emerson Electric Co.、Emerson Network Power Solutions(ENP)、およびLiebertは正確には現在77,476,717ドルの支払い義務があります。ENPとLiebertは既に売却されてVertivになりましたが、Vertivは訴訟には関係しません。

この裁判は、FacebookとEmersonが 共謀し、 BRGからデータセンター設計を盗んだとする6つの文書に基づいています。

これらには、 BRGとのミーティング後に両社が「直接報告」を行うことに同意した電子メール、「Emersonと協力してBladeRoomソリューションを構築する」という意図を示す内部文書、および「BladeRoomが行ったことを活用する」といった内容のEmerson社員との電子メールなどが含まれます。

最終的に陪審員は、Emersonが意図的に2つの BRGの企業秘密を使用して、 スウェーデン ルーレオーのFacebookデータセンターを構築したのだと判断しました。

– BladeRoom

BRGはFacebookに対しても訴えを起こしていましたが、昨年両社は金額不明の示談金で和解しました。ケンブリッジ・アナリティカの個人情報集出事件でCEOのマーク・ザッカーバーグが上院の公聴会に出席することもあり、Facebookは進行中の訴訟を早く終わらせることに熱心であったと伝えられています。

先週の裁定後、 Emersonは弁護士費用や利息費用請求の判決に異議を唱える控訴通知とともに、 陪審員判決、またFacebookとBRGとの和解条件の開示を判決で拒否されたことに対する異議申し立てを提出した、と Law360はレポートしています。

Data Center Dynamics

原文はこちら