イスラエルでMicrosoftデータセンター建設中に負傷事故

イスラエルで進められているマイクロソフトデータセンターの建設作業は、作業員の負傷事故により2日間停止されました。

1月の初め、35歳の建設作業員は壁の倒壊に見舞われ、また別の30歳の作業員は7メートルの転落事故を起こし、重傷を負ったとのことです。

地元の出版紙Kolhair Modiinは、負傷を負った作業員は医療関係者によりModi’inデータセンターから20 km程離れたYitzhak Shamir Medical Centerに運ばれ、壁の倒壊に見舞われた作業員は30 km程離れたSheba Tel Hashomer病院に運ばれたと報告しています。

この事故により、サイトでの作業作業は中断されました。ComputerWeekly は今回の事故現場はマイクロソフトの施設であったと報告しています。マイクロソフトはコメントを控えています。

シャットダウン

労働者安全局の検査官が作業停止命令を発行し、建設作業は中断されました 。データセンター建設会社Schonfeld Engineering社の上席は、管理者によるヒアリングに召集されました。また同社は、サイトを危険に晒したとして、NIS 70,000($ 20,000)の罰金を受けました。

イスラエル労働省は、次のようなコメントを残しています。「昨晩、軽度の負傷(腕の骨折)を負った作業員に関する警察からの報告書を受け取った。」

「今回の事故は、サイト所有者が全員退去した平日の終業時間に発生した。」

「報告書に続き、検査官が今朝、事故の状況を明らかにし、サイトを一時閉鎖する目的で訪れた。」

「5日間の延長の可能性も含め、直ちに 2日間のサイト閉鎖を決定された。」

イメージ写真 -shutterstock

Microsoftは最近、イスラエルでクラウドリージョンを開設する計画について発表したばかりでした。

Data Center Dynamics

原文はこちら

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください