【特集記事】小売業の変革 – データが及ぼす影響

デジタルテクノロジーの影響で、従来の産業形態が変化している中、小売業ほど変化のスピードが速い産業はありません。数十年の間、同市場を支配してきたグローバルブランドは、オンラインショッピングの利便性とスピード感という脅威にさらされています。

昨年、アメリカでは、1年間に閉鎖された店舗数が史上最多となりました。Macy’sやJ.C.Penney、Searsといった大手企業が採算の合わない店舗を次々と切り捨てたこともあり、およそ7,000店舗が閉鎖されました。 実際に、これまで小売業界でもバリューを発揮していたトイザラスやRadioShack、Maplin、Claire’sらは、すでに市場から姿を消しました。その他の企業も、いつ自分たちが市場から消されてしまうかも分からないような、不安定な市場に立っているのです。

イギリスでも、2030年までに半数以上の店舗がeコマースや宅配に客足をとられていると、グローバル規模での配送業を展開するParcelHero社は予測しています。 そもそもの「小売業者」の定義も曖昧になってきており、先日デロイトによってピックアップされた「急成長する小売業者」5社には、実店舗を持たない企業が3社含まれていました。小売業界は、今後、デジタル化の波にどのように対応していこうとしているのでしょうか。

------------------------------------

本記事を読むには会員登録が必要となります。

[会員登録はこちらから]