【特集記事】Uptime Instituteの障害報告レポート

Uptime Instituteが2018年に実施した「第8回年次データセンター業界調査」で報告された、データセンターの「信頼性」と「効率性」に関するレポートが注目を集めました。レポートでは、業界全体でのPUE平均値は1.58という過去最低の値を叩き出しましたが、同時に、昨年の調査と比べて停電発生率も25%増加し、停電の深刻さも増したとの報告があります。

Uptime InstituteのAndy Lawrence氏は、この調査結果を受け、「データセンターの設備や、専門知識、管理能力は、5年前や10年前に比べ、格段に発達しているにも関わらず、なぜ障害発生率が上昇しているのか?」という視点から、更なる分析を実施しました。

------------------------------------

本記事を読むには会員登録が必要となります。

[会員登録はこちらから]